栄養素やビタミンのお話?カロリー・栄養素比較webで調べよう
カロリー・栄養素比較WEB
食材別のカロリーや栄養素を比較 その食材はどれだけエネルギーがあるの?
食品・食材の種類ごとに含まれているの栄養素や、カロリーの違いを知ろう。
-カロリー栄養素比較web 高カロリーや低カロリーの食材は?食物繊維の多い品目など・・・1日の総摂取カロリーやビタミンや栄養素のバランスを考えコントロール!
カロリー・栄養素比較メニュー
カロリーコンテンツ追加!!
カロリーと栄養素比較
-各食品の栄養素の比較
各栄養素やビタミンのお話
-必要栄養素やミネラルも
食事と色のお話
-色と食との関係・・・
安全な食品について
-食品衛生法ポジディブリスト制度

 
栄養素やビタミンのお話

ヒトの体は、炭水化物(糖質)・たんぱく質・脂肪といった栄養素で機能しています「三大栄養素」。そして、このエネルギー源の代謝を促進させたり、補助する役割のあるビタミン、 骨の材料となるカルシウムや血液中の赤血球の材料となる鉄などのミネラルがあり、これらをあわせて「五大栄養素」とも呼ばれています。いずれも、私達の身体にとって重要な役割を持っています。

三大栄養素:炭水化物・たんぱく質・脂肪
 
 
  ○炭水化物:  
体を動かすための(熱や力のもと)エネルギーとなる栄養素です。炭水化物は摂取したあと糖質として体に吸収され、炭水化物1gあたり4kcalの熱量。
○たんぱく質:
英語で「プロテイン」 、エネルギーのもとともなりますが、本来は、 筋肉、皮膚、血液、骨、酵素、髪の毛、神経伝達物質などの基となる栄養素です。炭水化物や脂肪を取り入れない場合、体に必要なエネルギーは、たんぱく質からも供給されます。そうなった場合、筋肉などが減り、過度の食事制限などをおこなった場合体には悪影響を及ぼします。
○脂肪:
脂肪は、炭水化物と同様にエネルギーを作り出す栄養素。エネルギー効率は高く炭水化物やたんぱく質の熱量(4kcal/g)に対し、9kcal/g、脂肪分を取り入れる場合には、脂溶性ビタミンであるビタミンA.D.E.Kを多く含む食品と一緒に食べると、体への吸収率が高まりよいとされています。
○ビタミン:
ビタミンには、それぞれに違う効果があります。栄養吸収を促進させたり、体内の調子を整える役割を担っています。
・ビタミンA: 肌や視力などの生体膜の形成に作用するビタミン。
・ビタミンB1:炭水化物や糖質の代謝の促進に作用に関与するビタミン。
・ビタミンB2 (リボフラビン):脂質代謝を促し、成長を促進し、健康な皮膚、粘膜形成に作用。
・ビタミンB6 :アミノ酸の代謝を促進し、抗アレルギー作用のあるビタミン。皮膚や歯の成長にも作用。
・ビタミンB12: 末梢神経系や中枢神経系の働きを正常に維持し、悪性貧血を防ぐ作用をもつビタミン。
・ビタミンC :免疫力を高めたり、コラーゲンの生成を補助し、丈夫な皮膚や血管を骨格の形成をするのに作用するビタミン。
・ビタミンD :カルシウムの吸収を促進させ、骨の石灰化を防ぎ発育を促す作用のあるビタミン。
・ビタミンE :強い抗酸化作用をもち 血行を改善させるビタミン。
・ビタミンK :血液凝固に関与するビタミン。
○ミネラル:
亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・ヨウ素・リンなど、骨の形成や血液の循環など、それぞれ必要な作用をもっています。
体によいとされている成分のお話 −ポリフェノールやクエン酸・・・
五大栄養素・ミネラルについて −鉄分・カルシウム・マンガンなど・・・
 
個々の生活習慣によって変わりますが、産前産後・貧血気味・肌荒れ・風邪気味など、それぞれ症状によって必要なビタミンやミネラルは違います。逆に摂取バランスが崩れると、健康に何らかの障害がでてくるともいえますね。
 
     
 
     
 
 
 
 
 
カロリー・栄養素比較 ウェブ 【食材別カロリー比較】
Copyright (C) jiyuh-soh. All Rights Reserved.
[PR]アフィリエイトで収入 | 会社設立 | 資産運用投資 | メタボリック対策 | 人気資格の一覧