食品の安全・有害物質・ポジティブリスト制度・食品衛生法
カロリー・栄養素比較WEB
食材別のカロリーや栄養素を比較 その食材はどれだけエネルギーがあるの?
食品・食材の種類ごとに含まれているの栄養素や、カロリーの違いを知ろう。
-カロリー栄養素比較web 高カロリーや低カロリーの食材は?食物繊維の多い品目など・・・1日の総摂取カロリーやビタミンや栄養素のバランスを考えコントロール!
カロリー・栄養素比較メニュー
カロリーコンテンツ追加!!
カロリーと栄養素比較
-各食品の栄養素の比較
各栄養素やビタミンのお話
-必要栄養素やミネラルも
食事と色のお話
-色と食との関係・・・
安全な食品について
-食品衛生法ポジディブリスト制度

 

食の安全管理について!

食品の安全は私達にとって、非常に大切なものです。

健康障害や最悪の場合には命の危険も考えられます。そのために食品衛生法によって、様々な基準が設けられています。
この食品衛生法の改正によって、食品に含まれる農薬などの規制に関する制度が、平成18年5月28日より変更されています。
変更部分はポジティブリスト制度を取り入れ、食品に含まれる全ての農薬等の規制がされる形になっています。

今までの規制は?
 
 
 

今までの規制では、予め定められた農薬等の健康によくないとされている物質を規制(ネガティブリスト)しているだけで、設定されていない農薬等が多く含まれた食品があったとしても、販売などの制限ができなものであった


●ネガティブリスト:原則規制はなし、規制対象をリスト化し措置を行うかたち
●ポジティブリスト:原則すべてが規制対象とし、含有量などの一定基準や、対象外物質を定めるかたち。

今までの規制では、食品の安全の管理が不十分であったとも言えますね。

ポジティブリスト制度を導入することによって、原則は規制の対象とし、残留する農薬等の量を予め定められている物質についてはそれぞれの基準値を、定められていないものは一定量の規制を、そして、健康をそこなう恐れのないとされる物質を規制対象外として、一定基準値を超える場合には、販売などの禁止を行うというものです。

健康をそこなう恐れのない物質としては、
アスタキサンチン・アルギニン・オレイン酸・カリウム・カルシウム・クエン酸などが定められています。

 

日本以外の世界各国でもこの食品に関する規制は重要なものであり、有害なものとされる基準値は、欧米諸国などの国際基準もありこれらを考慮した基準が設定されています。

農薬の使用は、現状のサプライヤーの事情などにより必要なものであろうかと思います。農薬に関しても、「農薬取締法」でも規制され、安全の確保がなされています。

  有害物質などについて・・・

刺激臭や味覚などですぐ分かるものであればまだ発見しやすいものですが、調理により味が加わったり、有害物質の蓄積による中毒症状も怖いものです。見えない部分であるからこそ、安心して食材をそろえる上で、食品衛生法は重要なものですね。

 
   
 冷凍のギョーザやいんげんなどに農薬(殺虫剤)成分が検出されたという事が、新聞・ニュースで取り上げられています。普通に食してから、嘔吐や下痢の症状がでるというのも、食べる段階ではなかなか判別がつかないという結果からだと思います。
注目の健康によくないとされている成分について・・・メタミドホス・メラミンなど・・・
 
栄養素とビタミンのお話
 
その他の体によいとされる栄養素
 
 
     
 
 
 
 
カロリー・栄養素比較 ウェブ 【食材別カロリー比較】
Copyright (C) jiyuh-soh. All Rights Reserved.
[PR]アフィリエイトで収入 | 会社設立 | 資産運用投資 | メタボリック対策 | 人気資格の一覧